記事

2008年10月03日

Cole Clark FL-1ACでの録音



この程度の音が作れればまぁ良いかな、と。
posted by Nem at 06:55 | 東京 ☁ | Comment(3) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ものすごく綺麗な音ですね。
Cole Clark FL-1ACって調べたら
88,888¥で売っててびっくりしました。
もし宜しければどのような録音方法だったのか教えてください。ラインでしょうか?マイクでしょうか?
Posted by kazusa911 at 2010年02月14日 21:55
これは、マイク・ラインのmixですね。
ちょうど「Water Moon」のレコーディング期間でしたので、色々と試していた時期の録音です。
マイクはメインにAKGのC3000Bを使用しています。それにアンビを足していると言ったところ。

高音に関しては、コンデンサマイクをmixしてやるのが最も美しく集音出来ると感じています。

※ライブ用の仕込みでは、ハイランダーのコンデンサマイクあたりが使い易い様に思います。
Posted by Nem at 2010年02月15日 13:29
mixですか。元々Cole Clark FL-1AC自体も、カタログを見ると複数のピックアップのmixで、さらにマイクも複数本ですか。複雑ですね。
Cole Clark FL-1ACの生音はかなり良い言うことですね。自分がもっと高いギターを使っていてショボイ音しか作れないので、ちょっとショックです。今度気が向いたら生音も聞かせてください。
Posted by kazusa911 at 2010年02月15日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。