記事

2011年05月01日

Sakata JC-35試験録音

弦をBlueSteelのライトゲージ(012)に変更。
ちょっとテンションが高いことと、コーティング無しの為に指が滑りにくいのが難点。
ただし、ハイテンション故にトップを揺らす量は増えている様に感じます。

また、マイク集音を外側から中に向け、ブリッジを中心にサウンドホールをわずかに垣間見る程度の位置に変更。
この楽器は概ねこの辺りを狙うのが私の好みっぽい。





アルバム「WaterMoon」からの曲ですんで、著作権がどうのと言う話にならないのが嬉しい。(笑)
posted by Nem at 00:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。