記事

2011年05月29日

堤謙光/No.40フォーク

ハンドクラフトギターフェスTOKYO2011に出展されていた楽器。
堤謙光/No.40フォーク堤謙光/No.40フォーク

630mmのショートスケール・小柄なボディながら豊かな低音を奏でてくれる。
3,4弦の音のふくらみには特筆すべきものがある。
30年に渡ってクラシックギターを製作されてきた堤氏ならでは、なのだろう。

音色に関しては非常にセンシティブで、右手のタッチがごくわずか変化するだけで、大きな音色の違いとなってあらわれる。
コントロールしきれれば良いのだが、私はまだコントロールしきれていない。



「譜面がほしい」との意見をいただきましたので、PDFファイルで公開します。
七つの子(PDF)
posted by Nem at 13:51 | 東京 ☔ | Comment(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

Sakata JC-35試験録音

弦をBlueSteelのライトゲージ(012)に変更。
ちょっとテンションが高いことと、コーティング無しの為に指が滑りにくいのが難点。
ただし、ハイテンション故にトップを揺らす量は増えている様に感じます。

また、マイク集音を外側から中に向け、ブリッジを中心にサウンドホールをわずかに垣間見る程度の位置に変更。
この楽器は概ねこの辺りを狙うのが私の好みっぽい。





アルバム「WaterMoon」からの曲ですんで、著作権がどうのと言う話にならないのが嬉しい。(笑)
posted by Nem at 00:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

Sakata SJ-35Cを調整してみる

5・6弦におかしな箇所が発見されたので調整。
若干落ち着いてきたので音を拾ってみました。



もうひとつ。
JASRACの許可を得ていないので、文句付けられたら消します。
posted by Nem at 00:32 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

ROLAND GR-55を使ってみる

ROLAND GR-55を入手して数日、だいぶ扱いにも慣れて来ました。

とりあえず、GR-55内蔵のストリングスと重ねてみました。
一番重ね易い音ですしね。



題して「邪魔そうで邪魔で無い、ちょっと邪魔なストリングス」(笑)

-----
ギターはCole Clark FL-1AC
ART Tube MP経由でGR-55に接続しています。

GR-55からTCのNova Reverbを通し、EDIROL R-44で録音。
その後はレベル調整のみ行なってMP3にしてあります。
posted by Nem at 04:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

DPA4099を使ってみました

まずは今年発表した練習曲を。


次に、アルバム「Water Moon」から2曲。



全て、ARTのマイクプリアンプ(これが結構ノイジー)と、TCのNova Reverbを通して録音しています。EQ操作無し。
録音後は無加工(カット〜mp3化のみ)です。
posted by Nem at 09:47 | 東京 🌁 | Comment(2) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

Pickup作成・PreAmp試作2号機




ピックアップを2個同時に使用出来る構造としてあるのですが、今一つセッティングが出せておりません。
posted by Nem at 03:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

楽器を替えてみる

同じピックアップシステムをSAKATA JC-35に装着してみました。
装着と言っても、ピックアップを表板に仮止めしているだけなんで、付け替えは楽なもんです。



下手なストロークもやってみました。

posted by Nem at 16:50 | 東京 ☁ | Comment(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピックアップシステム開発中

概ね良好に動作する様になって来た様に思います。
ピックアップでこれだけ録れれば文句無しでしょう。

posted by Nem at 10:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

Sakata JC-35録音試験

サウンドホール正面、30cm程度の位置にマイクを設置。
さすがに低音がうるさいです。(笑)

posted by Nem at 06:48 | 東京 ☀ | Comment(2) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

Sakata Guitars 「NL-00C」試験録音

・「Etude May-2009」:エフェクト等なしの状態


・同じテイクにリバーブ処理のみ追加


・スタジオにて適当なフレーズを。リバーブ処理のみ


・「Pink Opal Moon」リバーブ処理のみ
posted by Nem at 07:26 | 東京 🌁 | Comment(1) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

SYNFULを足してみました



ギターの音は、ストリングス系の音と相性が良い様に思っています。
posted by Nem at 12:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

E-mu0404USBを使ってみました

データの記録先をRAMディスクにし、E-muの0404USBを使用して録音してみました。
そこそこの音質を確保出来ている様です。

posted by Nem at 12:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

工人舎のNetBookによる録音



工人舎のNetBookによる録音試験。
このPCは一丁前に24/96などと言うフォーマットで録音可能なオーディオIFが最初から付いているので、それで録音してみました。
posted by Nem at 07:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

鉄弦でクラシック曲を弾いてみる



なんとも形容しがたい物があります。(笑)
posted by Nem at 13:56 | 東京 ☁ | Comment(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

レコーディング最終日の音

ColeClarkの音が妙に良かったんですよ。
posted by Nem at 02:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

息抜き〜



30分ほど遊んでみた。
posted by Nem at 07:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

Alvarez Yairi YB-1



まぁ、こんな感じの音かな?と。
posted by Nem at 04:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

Cole Clark FL-1ACでの録音



この程度の音が作れればまぁ良いかな、と。
posted by Nem at 06:55 | 東京 ☁ | Comment(3) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

OMC1200S再改造

OMC1200SにBELCATのPRENER-PMを装着。
コンデンサマイクは感度が高すぎて使用不能だった。(笑)

ラインで録れた音はこんな感じ。
posted by Nem at 04:04 | 東京 ☔ | Comment(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

夢弦堂の楽器にレアアースブレンドを付けてみた

悪くない。てか、低音が出ない楽器だったんで、なかなか良い感じ。
大盤振る舞い(笑)の4連発。

【DADGAD】

【Std】
posted by Nem at 06:15 | 東京 🌁 | Comment(0) | 録音試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。